Alice Guy Blache by Emmanuelle Gaume with Alexandra Lamy

Alice Guy Blache by Emmanuelle Gaume with Alexandra Lamy
Why a movie? Guy-Blaché is the definition of an industry pioneer, rising first through Gaumont Studios, then by becoming the founder and head of Solax Studios. By all accounts a cisgender woman, she nonetheless challenged masculine stereotypes, making big meaningful moves like casting women into then-typically male professions, like magicians or dog-trainers, and taking on the masculine roles herself, dressing as a man and stepping in front of the camera. Today, as we continue to mold our perspectives on how we conceptualize gender and sexuality in mainstream artr, Guy-Blaché’s story is both a feminist rendering of an inherently masculine system, and a subversion of how women were expected to perform both on- and off-screen

mardi 16 décembre 2014

弁士つき無声映画上映会~世界初の女性映画監督アリス・ギィ特集~

映画史上初の女性監督アリス・ギィ(1873-1968)の貴重な無声映画を、弁士つきで特別上映します。アリス・ギィは、フランスの老舗映画会社ゴーモ ンの秘書でしたが、すぐにその才能を発揮し、多くの作品を製作しました。彼女の見事な語り口、手際のよい編集、驚くべき快活さは、今も輝き続けています。
活動写真弁士:片岡一郎
2002年に澤登翠に入門。日本国内の他に米、独、豪、克、加でも公演。作年9月よりミシガン大学芸術家滞在プログラムの招聘を受け約半年間、米国 にて活動していた。これまで手掛けた無声映画は洋・邦・中・アニメ・記録映画とジャンルを問わずに約300作品。活動弁士の他に紙芝居、声優、書生節、文 筆でも活動。行定勲監督作品『春の雪』や奥田民生のパンフレットDVDにも弁士として参加している。本年秋より数か月間渡独の予定。
活動写真弁士:片岡一郎

※上映予定作品は変更になる場合があります。予めご了承ください。
15:30~16:15
会場:F稲畑ホール
キャスター付きベッド (1907, 4min)
キリストの生涯 (1906, 34min)

16:30~17:00
会場:1Fメディアテーク
活動写真弁士・片岡一郎さんによるトークイベント

18:20~18:50
会場:F稲畑ホール
キャベツ畑の妖精 (1900, 1min)
サル人間の真相 (1906, 6min)
フェミニズムの結果 (1906, 7min)
誘惑のピアノ (1907, 5min)
バリケードの上で (1907, 5min)
ソーセージ競争 (1907, 5min)

パリ祭 2013 : プログラム

714日(日) 15 :0020 :00
http://www.institutfrancais.jp/kansai/events-manager/%E5%BC%81%E5%A3%AB%E3%81%A4%E3%81%8D%E7%84%A1%E5%A3%B0%E6%98%A0%E7%94%BB%E4%B8%8A%E6%98%A0%E4%BC%9A%EF%BD%9E%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%88%9D%E3%81%AE%E5%A5%B3%E6%80%A7%E6%98%A0%E7%94%BB%E7%9B%A3%E7%9D%A3/
弁士つき無声映画上映会~世界初の女性映画監督アリス・ギィ特集~

Aucun commentaire: